スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本アンデパンダン展

3/20(水祝)〜4/1(月)「日本アンデパンダン展」@国立新美術館
http://www.nihonbijyutukai.com/anpan/anpan1.html

66poster.jpg

日本で一番大きなアンデパンダン展。
並んだ作品に原発/放射能に関したものの多い事に驚きました。

311以後、表現者や創作者といった本来根源に近しい人々の多くが、イノチの尊厳の踏みにじられる現状に沈黙していることがどうにももどかしかったです。アーティストは理屈を越えた直感で爆発的に動けるはずですし、そのような力が今の日本では必要と思うからです。

けれど、アンデパンダンという何でもありの場では、原発/放射能へのストレートな怒りや悲しみ、やり切れない思い、などが溢れていました。東北、福島の人であろうと思われる作品もままあり、リアリティが塗り込められた存在は、単純に美術作品としてのクオリティだけでは計れない価値があると思いました。

以下、原発/放射能関連と思われる作品のタイトルを書きとめたものです。
見逃したものもあるでしょうし、微妙なので外したものもあります。


日本…ヤバイ
風の谷
風の街
不安な日本の社会
老いた漁師の回想
危険な内部被爆
FUKUSHIMA いつまで続く
人間が悪魔を造っている
原爆痛い塊 黒い雨
パロディ 原発の放棄
記憶(3.11)
祈り
キケンなクウキ
3.11FUKUSHIMA
眠る村(風下の地)
3.11の譜(地震・津波・瓦礫・原発・放射能)
フクシマ、もう戻れない
想定外
あるじを待つ家
ひとりひとりの叫び 2012年夏・金曜日
核実験場の除染ドーム
被爆のマリア
スカイツリーの見える風景 
3.11 風下の人たち
原発なくせの灯
ギジドーのある風景
フクシマ
それでも花は咲く
friday
ふくしま
行動するアート
愛と平和と地球と子供達の「再生可能な未来ツリー」
ゼロベクレルプロジェクト
結び
私も…
罪深い原発推進論者と東電
ふあんなこうず 原発再稼働
ストロンチウムは何処へ
飯舘の家族
bq/kg
3.11見えないモノへの不安
恐れ
安心、安全?
取り残された車(2012.9月相馬)
あの日から…遊んでもいいの
崩壊

2012年6月29日官邸前
牛と共に
2012年5月南相馬
原発大地の夜
原発浪江の海
フクシマの怒りと苦悩
現住所(地震・被爆)
ソーラー・コネクション
雪が降る
青い空
汚染
核のゴミ
御用学者
直チニ問題ハ有リマセン
望郷(Fukushima)
わすれない

これらを観られたことも、たくさんのアーティストが原発/放射能に真剣に対峙していることを知れたことも、私に勇気を与えてくれました。関東の方はぜひ、足をお運び下さい。

ishinomaki_0.jpg

ゼロベクレルプロジェクト
http://erehwon.jpn.org/SY/zero/

守田敏也さん イノチの詩、内部被曝のお話

『11.3イノチアクション』終了後、守田敏也さんがご自身のブログにレポートと詩を載せて下さいました。イノチを想う強い意志に溢れ、とても勇気づけられる詩です。

知識や行動力だけでは無く、イノチを見つめる感性と優しさも併せ持つ守田さんのような方がいらっしゃるのは大きな救いと思います。イノチコアは避難者や避難希望者が中心の為にどうしても活動が不安定になってしまいますが、守田さんの講演はなるべく近い内に企画したいと願っております。皆さまのご助力をお願い致します。

以下、守田さんのブログからの引用です。



『明日に向けて(586)木々を、イノチたちを、被曝から守りたい!』
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/s/%A5%A4%A5%CE%A5%C1%A5%B3%A5%A2

守田です。(20111124 0830)

すでにお知らせしましたが、11月3日に、僕は「イノチコア」さんのパレードに参加し、一緒に大阪の街を歩いてから、30分ほど内部被曝についてお話させていただきました。
このパレードは、すべてのイノチのことを強く考えたもので、歩いている間のコールにもその思いがにじみ出ていました。僕も一緒に声をあげたり、手渡された太鼓を叩きながら思いを一つにして歩きました。
この様子が以下から見れますのでぜひご覧ください。アクションの報告とともに、パレードの写真がたくさんアップされています。(僕も写っています)

11・3イノチアクション 反原発・反放射能デモパレードin大阪
http://inochicore.web.fc2.com/20121103_repo.html

僕の発言は、パレードのあとに公園に戻ってから行わせていただきましたが、歩きながらずっとイノチたちのことを考え続けたのでまずはそれから話させていただくことにしました。とくに僕が話したかったのは、山のこと、木々のことでした。
というのは僕は福島原発事故が起こる前までは、森林の保護に力を入れていました。とくに僕が携わってきたのは、カシノナガキクイムシの北上に伴って、ナラ類(ミズナラ、コナラなど)が集団で枯れていくナラ枯れ現象を食い止めることでした。
そのために京都の大文字山を中心に、多くの友人・知人にも協力してもらって、京都東山の中を駆け巡ってきました。同時に山のこと、ムシのこと、野生生物のこと、そして山里の人々の暮らしのことなどを学び続けてきました。

ところが福島原発事故で、活動内容が一変してしまい、ほとんど山にも森にも関われなくなってしまいました。それが心の中の大きな負担としてあります。山々のナラ枯れは相変わらずものすごいスピードで進んでいます。あちこちで枯れたナラ類の木々が目に映る。
しかも東北・関東を中心に、木々たちがものすごい量の放射能を浴びてしまいました。しかし僕も含めてほとんど誰も木々の放射能被曝を問題にすることができていません。ネットで探すと僅かに木々の被曝問題を取り上げている方々もいますが、しかし多くの場合、むしろ被曝した木々は、「除染」対象とみられるばかりです。
しかし私たちの生命をつないでいるのはこの木々たちです。木々たちが常に山に水を保水してくれてきたから、私たちはいつでも安定的に水を享受できています。それが私たちの暮らしばかりでなく、農の営みはもちろん、工業も、商業も支えてきているのです。

被曝した木々はどうなってしまうのでしょうか。ますます集団枯損が進んでしまうのではないか。そんな不安が心に去来します。でもだからといって、徹底調査をとも言いにくい。山の中の調査は、危険な被曝労働だからです。
やるべきことは何なのか。恐らくは生きている木々の被曝に対抗した徹底した植林ではないかと思えます。しかしその場合も、現にある放射能をどうするのかが課題になる。もちろん植林も被曝労働です。しかも山を知り、木々を知る人々といえど、ほとんどは放射能を知らないし、その影響の研究などおそらくほとんどなされていないと思います。
実はここに私たちの巨大な危機があるのではないか。木々を守りたと切実に思いますが、それは私たちの命に直結する問題でもあります。生命の連鎖がそこにあるからです。

私たちは私たちの命が本当にたくさんの連鎖の中にあることに目覚めなくてはいけない。私たちが、すべての生き物の頂点に立っているのではなく、すべての生き物によって生かされているのだということを自覚し、イノチたちに対する謙虚な思いと感謝の念を取り戻していかなくてはいけないと思います。
そのために、今後、山のこと、木々のことについても、可能な限りここで取り上げて、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。
今回は、イノチアクションでさせていただいたお話の冒頭部分、山と木の部分を文字起こしし、同時に、パレードから帰ってから書いた詩を(すでに579で一度紹介したもの)を紹介することにしました。読んでいただけると幸いです。

*******

11.3イノチアクションでの発言より

みなさん。こんばんは。守田敏也です。これから内部被曝についてのお話をします。

今日のイノチコアさんのパレードで、みなさんが、木々や命の声を代弁する形で、原発はいらない、放射能から身を守ろうと訴えてくださいました。僕も一緒になって声をあげましたが、ちょっと内部被曝の話をする前に、私たちの国にある山のこと、森のことをお話したいと思います。

私たちの国は国土に占める森林率が67%です。これは世界の中でダントツの値です。日本に匹敵するのはフィンランドぐらいしかありません。他の国にはこんなに木がありません。
これほど多くの木々があることが私たちをどう支えてくれているのかですが、私たちの国は同時に、世界の中でも非常にたくさんの雨が降る国です。降水量もダントツです。ダントツなのですけれども、もし雨が、ただ山の地肌に降るのであったら、すぐに流れ落ちてしまって、麓にいる私たちには洪水として押し寄せてくるのですね。
ところがたくさんの木が植わっていて、山に降った雨を保水してくれます。そこにいったん蓄えられてから、少しずつ、麓に流れてくるのです。

ぜひみなさん。一度、川のほとりにたって、なぜ雨のない日に、水がとうとうと流れているのか考えてください。日本の川はいつでも水がとうとうと流れています。
それは木々がしっかりと水を山でキャッチしてくれるからなのですね。一時期、日本は戦争のためにたくさんの木を切ってしまいました。森林率は40%代まで落ちました。そのとき全国各地で洪水が起こりました。戦後の伊勢湾台風のときの水害などが有名ですけれども、あれも木を切りすぎたことが要因です。

それから戦後60年以上、主に山里の人たちが、えいえいと木を植え続けてきてくれました。そのことによって、私たちは、蛇口をひねれば当たり前のように飲む水が供給される国にいるのですね。世界ではまれです。飲み水を水道から飲める国がまれなのですね。
そのように私たちが普段、何気なく享受している幸せが、山、そして木々たちによって作られているということを知ってほしいのです。

そしてその山に大量の放射能が降ってしまいました。とてももう、胸が潰れるような思いでいっぱいです。東北関東の相当な地域の木々が被曝しています。木々は生命体ですから放射能によってやられてしまいます。これからその被害がだんだんに表面化してくると思うのですね。
しかしながら今、私たちはこれだけ膨大に出てきた放射線から、人々の生命を守ることが手一杯で、残念ながら山の木々を放射線から守ることは、ほとんど何もできていません。木はただ黙ってじっと耐えているだけです。

どうしたらいいのか。僕自身もまだ答えはでないのですけれども、ぜひみなさん、私たちの生命をつないでくれている山々が本当に悲しい悲鳴をあげているということ、知っていただいて、それをなんとかしていくことを一緒に考えていきたいと思います。
そのためにも、当然にもこれ以上の放射能をもう絶対に出してはいけない。そのためにはすべての原発をもうここで廃炉にしなければなりません。そのことを今日、イノチコアということで一緒に歩いたみなさんと、共通の思いにしていきたいと思います。

*******

イノチ

イノチのために
街を歩く
イノチのために
声を上げる

人のイノチ
獣のイノチ
虫のイノチ
木々のイノチ

放射線は
イノチを切断する
外から内から
イノチを切り刻む

しかも放射線は
イノチに呻く間も与えない
誰にも何にも見えないところで
破壊が実行される

傷つけられるイノチの多くは
自らの声を持たない
抗議もできなければ
仕返しもできない

しかしイノチたちは
他の多くのイノチたちを支えている
一つのつながりとしてあるイノチの傷は
痛みと哀しみの連鎖をもたらす

例えば山の木々が潰えたら
誰が私たちに
豊かで穏やかな水を
与えてくれるのか

例えば鳥たちが鳴かなくなったら
誰が私たちの心に
柔らかな潤いを
もたらしてくれるのか

今、私たちは
イマジネーションの力で
すべてのイノチの痛みを
聴きとる必要がある

それは私たちの
非有機的な身体(からだ)の痛みであり
まだ感じるにはいたらなくとも
私たち自身の痛みだ

山を見よう
木々を見よう
虫のことを鳥のことを獣のことを
想像しよう

被曝を止め
痛みを癒す道を見つけたい
すべてのイノチのため
私たちのこのイノチのため


20121112

『Canta!Timor(カンタ!ティモール)』上映会

12月23日(日)に行なわれる『Canta!Timor(カンタ!ティモール)』上映会にて、イノチコア雑貨(缶バッチ トートバッグ)を販売させて頂きます。午後の部は定員に達し、午前の部(10時45分開始)のみのご予約になりますとのこと。詳細は以下サイトにてご覧ください。
nikki.mahotukai.com/?eid=65



上映会のお知らせ
※大阪上映会 お申し込み定員に達しましたが、
急遽午前にも上映会を行うことになりました。
午前の部 10時30分会場、10時45分開始になります。
上映後のシェアリングのお時間はございませんが
ぜひこの機会、皆様のご参加お待ち致しております。

Canta!Timor(カンタ!ティモール)

[開催日] 12月23日(日)
[スケジュール]
13時開場 イノチコア雑貨販売(缶バッチ トートバッグ)
      佐々木さんのカレーとおしるこが食べられます
14時~16時 映画『カンタ!ティモール』上映(110分)
16時~17時 シェアリング
[会場] 油野美術館 http://yunobi.blogspot.jp/
[住所] 大阪市福島区玉川4-5-27 
[アクセス] JR環状線『野田駅』地下鉄『玉川駅』(徒歩6分)
[参加費] 1500円(ワンドリンク付き)
[要予約](中学生以上の方が対象です)

ご予約フォーム or FBページ[参加する]をクリック
※午後の部は定員に達しましたため午前の部(10時45分開始)のみのご予約になります

上映会開催にあたって
生きることをおもう すべてのひとに今 みて欲しい 映画です。



東ティモールで耳にした、ある青年の歌。
日本帰国後もメロディが耳に残って離れない。
作者は青年を探すため島へ戻る。そして一つの旅が始まった--------。

「ねぇ仲間たち。ねぇ大人たち。
僕らのあやまちを、大地は知ってるよ-------」

歌はこう始まっていた。直接的な言葉を歌えば命に危険が及ぶ、
インドネシア軍事統制下にひっそりと歌われた歌だった。


青年に連れられて、作者は島の奥へと入っていく。
そこに広がるのは、精霊たちと共にある暮らし。
太陽に照らされた、はじけるような笑顔の人々。

その一方で、人口の3分の1の命を奪ったインドネシア軍の
攻撃が濃い影を落とす。報道にのらない地下資源ビジネス、
日本政府の驚くべき行動。

「悲しい。いつまでも悲しみは消えない。
 でもそれは怒りじゃない。」

「日本、ティモール、インドネシア。みな同じ。
母一人、父も一人。大地の子ども。
叩いちゃいけない。怒っちゃいけない。」

弾丸が飛び交う中、人々は命をわけるように助け合い、
大地への感謝を歌と踊りに表し続けた。

自然を敬い、輪になって踊る、遠く懐かしい風景。

いつのまにか、ティモールの旅はそっと作者に問いかける。
愛すべきふるさと、日本の島々の姿を-----。

東南アジア・東ティモールを舞台に、
大地との絆を描くドキュメンタリー。
1999年までの24年間で人口の3分の1を失うという、
狂気のような殺りくを受けた東ティモール。
消えない悲しみを抱きながら、許すという選択を
した人々の姿が、美しい音楽と共に綴られる。
日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった
東ティモール問題を取り上げた、国内初の作品。
世界中で起こっている資源をめぐる争い。
そのからくりから抜け出すことが出来るのか?
今を生きる私達全てに問いかける。

【カンタ!ティモール】
監督/広田奈津子
制作•音楽/小向定
監修/中川敬SoulFlowerUnion
南風島渉(フォトジャーナリスト)

『LOVE脱原発OSAKAクリスマスデモ』に参加します

LOVE☆NONUKES☆OSAKAによる、『LOVE脱原発OSAKAクリスマスデモ』が12月22日(土)に開催されます。選挙結果を受けてがっかりしている方も多いでしょうが(私たちもだいぶがっかりしています)、脱原発の人達が協力する事とまだ動いていない人達を動かす事が重要とはっきりしたのは収穫です。

その両方の可能性がある新しい動きとして、LOVE☆NONUKES☆OSAKAをイノチコアは応援します。何の知識もない人がふと「原発いらないかも?」と思い、気軽に参加出来るような開かれた場となるのを期待しています。
関西の脱原発派はぜひご一緒に!

「御堂筋のイルミネーションの下を通ります!☆光り物&鳴り物大歓迎☆」とのこと。
華やかに楽しく、脱原発の人がこんなにたくさんいるのだよ、と表現しましょう!

◇ ◇ ◇

12月22日(土曜日)
LOVE脱原発OSAKAクリスマスデモ開催!
集合:16時半頃
集合場所:靱公園
デモ出発:17時
デモコース:靱公園→御堂筋→なんば高島屋前→元町中公園

今年最後のビッグデモ!クリスマスのイルミネーションのなか、脱原発の声をあげよう!
http://www.lovenonukesosaka.net
https://twitter.com/lovenonukesosk

A96BYLWCAAIXXsP.jpeg

コミュニティ・カフェ「たまつくりkafe」

関東からの避難ママと関西のアーティストによる、コミュニティ・カフェ「たまつくりkafe」がオープンしました。みなさま、ぜひ足をお運び下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2012年12月、玉造駅から徒歩7分。玉津一丁目の交差点を入ったところにある、小さくてふる~いおうちで、コミュニティ・カフェ「たまつくりkafe」
略して「かふぇたま」をオープンいたしました!

このカフェ、どんなカフェ?というと、
原発事故による放射能汚染から、はるか関西まで逃れてきてくれた避難者さんたちに、の~んびり過ごしてもらうためのカフェ。

慣れない関西暮らし…いろいろ不便やストレスもあるでしょう?
実は、たまつくりkafeのママ・かふぇたま(s)は、皆さんと同じ避難者なのです。だから、皆さんの気持ちが自然に共有できると思います。

ぜひ小さい子どもさんともいっしょに、ぶらりと訪ねてくださいね。
たまつくりkafeには、小さな子どもたちが遊べるおもちゃもたくさん用意する予定です。

もちろん、放射能のことが気になるのは、関西人にとっても同じです。
原発事故、ほんとに収束してるの?
大阪にガレキが持ち込まれて、空気に放射能が舞い散るのでは?
汚染された食品が、日本国中に流通して始めてる!

そんな不安も、気兼ねなくみんなでおしゃべりできる場所になりたいと思っています。

避難ママ、関西ママ、放射能のことを真剣に考えている人たちが、みんなでおしゃべりできる場所。
たまつくりkafeはそんな「集いの場」を目指します!

kafe以外にも、子育て、食、仕事、住居・・・関西での生活が少しでもラクになるような具体的な支援活動も、いろいろ企画中です。

営業:火・水・金・土 10:00-16:00
12月の営業日:14日(金)15日(土)18日(火)19日(水)21日(金)22日(土 *15:00まで)
25日(火)26日(水)
地図:http://yahoo.jp/sLJrl7
住所:大阪市東成区中道4丁目14-3
電話:070-5653-2493(営業時間中のみかかります)
メアド:kafetama2012●gmail.com *●を@に変えて送信してください
ブログ:http://kafe-tama.jugem.jp/

<カフェの詳しいご案内>
限りなくノンベクレルを目指すかふぇたまでは、フェアトレードのオーガニックティー・クリッパーのハーブティー3種と、韓国茶をそろえています。

◆今月のお茶◆
クリッパー ハーブティー 300円
オーガニックアールグレイ
オーガニックレモン&ジンジャー
オーガニックレッドフルーツ&アロニアベリーティ-
韓国茶<菊花茶> 300円

*ティーバッグ2個+お湯のおかわり自由です。何時間でもまた~りしてください!
*お子様の食べ物、飲み物は、持ち込み自由です。
*かふぇたまには「ご飯メニュー」がありませんので、大人の方でも、食事の持ち込みは自由です。
*自分の飲食物は徹底管理なさっている方は、300円の入場料で持ち込み自由とさせていただきます。


◆今月のお菓子とソーダ◆
かふぇたまでは、小さいお子さんのために、安全なおやつとソーダ類を用意しています。
いずれも200~300円。



☆かふぇたまからのお願い☆
かふぇたまでは、いくつかの基本ルールを設けさせていただいてます。
皆様、どうぞご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

◎小さいお子様が多少騒いでいたとしても、怒らないでください
小さいお子さんをもつママたちにも、ホッと一息ついて欲しい! かふぇたまは子どもたちが自由に遊べるカフェです。
子どもたちが騒いでいても怒らないでください!子どもたちの大きな声やその足音は、元気に生きている証拠です^^v

◎ご自分の持ち込んだ食べ物や、かふぇたまでご購入いただいたお菓子などを他のお子様に、親御さんの許可無くすすめないでください
かふぇたまは限りなくベクレルフリーを目指していますが、人それぞれ、ベクレルフリーの定義は違います。ご自分の持ち込んだ食べ物や、かふぇたまでご購入いただいたお菓子などは、他のお子さんに、親御さんの許可無くすすめないでください。避難ママたちの多くは「すでに子どもを被ばくをさせてしまったのではないか?」という危惧と不安を抱えています。これ以上は、例え少しでも被ばくさせたくない、との思いも。そのため子どもさんのおやつもご飯も徹底管理なさっています。
そうした親の思いをどうぞご理解いただけますよう、お願い申し上げます。

◎宗教、お仕事の勧誘のお話はご遠慮ください

以上、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。